カンジタ膣炎(カンジタ症)など女性特有の症状。
膣内の細菌バランスを意識しましょう。
=プロバイオヘルス・ジャパン=
カンジタ膣炎(カンジタ症)など女性特有の症状等でお困りならまずは腸内環境を整えましょう、腸まで届く乳酸菌プロバイオティクスKE-99

ログイン パスワード   メンバー専用ページとは?


カンジタ膣炎(カンジタ症)の部屋

カンジタ膣炎(カンジタ症)とは

細菌バランスが乱れることが原因

カンジタ膣炎(カンジタ症)

 

正常な膣内は酸性に保たれています。
この酸性の状態はバクテリア等の進入を防ぎ、膣内の細菌バランスを正常に保ちます。
カンジタ膣炎(カンジタ症)はカンジタ菌によって膣内の細菌バランスが乱れることが原因で起こります。
カンジタ菌はもともと体内に常在する真菌(カビ)ですが、抵抗力が落ちたり、ホルモンバランスが崩れたりすると繁殖し、症状を引き起こします。


カンジタ膣炎(カンジタ症)の症状

かゆみや痛み、腫れ

症状

 

外陰部への激しいかゆみや痛み。
ヨーグルト状のおりもの・カッテージチーズ状のおりもの(白または黄色)。
膣や外陰部が赤く腫れることがある。


カンジタ膣炎(カンジタ症)の原因

膣内のバランス

原因

 

・病気・疲労による抵抗力・免疫力の低下
・抗生物質使用による体内の細菌叢の乱れ
・肥満
・糖尿病 ・妊娠・避妊薬によるホルモンバランスの乱れ

これらが原因となって膣内のバランスが崩れ、有害なバクテリアや病原菌が増殖し、炎症が起こります。



カンジタ膣炎(カンジタ症)の対策

膣内のバランス

対策

 

まず、医師の診断を受けることをお勧めします。
治療には膣錠やクリームが用いられます。
通気性の良い綿製の下着を選び、外陰部を清潔に保ちます。
ただ、洗いすぎると膣の自浄作用が低下し、再発・慢性を引き起こす原因にもなるので気をつけましょう。
また、膣内の細菌バランスを整えることも必要です。

カンジタ膣炎は再発しやすい膣炎で、体の免疫力が低下すると再び炎症が起こってしまいます。
慢性になってしまった場合は細菌バランスが乱れている証拠です。
細菌バランスはストレスの影響を受けやすく、常に崩れやすい状況にあります。
特にピルを飲んでいる方は、日頃から 膣内の細菌バランスの状態を意識しなければなりません。



KE-99のご注文はこちらから

カンジタ膣炎(カンジタ症)についてのさらに詳しい内容は
メンバー専用ページでどうぞ。
登録はもちろん無料!