過敏性腸症候群過敏性大腸症候群等、お腹の悩みは様々。まずは腸内環境を整えましょう。過敏性なお腹は困りますね。
腸内に長く定着する乳酸菌プロバイオティクスKE-99。
過敏性腸症候群・過敏性大腸症候群等でお困りなら、腸まで届く乳酸菌プロバイオティクスKE-99

ログイン パスワード   メンバー専用ページとは?


過敏性腸症候群(IBS)の部屋

過敏性腸症候群(IBS: Irritable Bowel Syndrome)とは

過敏性腸症候群(IBS)の基礎知識、いくつかの症状の集まりを症候群と呼びます。

過敏性腸症候群(IBS)の症状

KE先生のプロバイオティクス・KE−99とは

過敏性腸症候群(IBS)とは、腸機能の異常によって起こる便通異常やそれに伴う腹痛等の症状のことです。
過敏性腸症候群(IBS)下痢型便秘型下痢便秘交替型ガス型等に分けられ、 過敏性腸症候群(IBS)の下痢型の人は一日中何度もトイレにかけこまなければならず、便秘型の人は何日も便が出なくなります。
また、それを数日ごとに繰り返す交替型、ガスがお腹にたまり、頻繁におならが出るガス型があります。 お腹が過敏性になっているんですね。
どの症状にも大抵腹痛が伴います。
カナダでは 、過敏性腸症候群(IBS)は風邪に次いで欠席・欠勤の理由に挙げられる程、主要で身近な症状です。
それに対して日本では、近年患者の増加に伴い見直されてきてはいるものの、排泄器官にかかわる症状であるために恥ずかしい思いをしたり、過敏性腸症候群(IBS)にたいする無知な心無い人々のために肩身のせまい思いをさせられたりしているのが現状です。


過敏性腸症候群(IBS)の原因

過敏性・・・ストレスも大きな要因。症候群にならないために。

過敏性腸症候群(IBS)の原因

 

過敏性腸症候群(IBS)の主要な原因として挙げられるのがストレスです。
ストレスには事欠かない現代社会では過敏性腸症候群(IBS)を引き起こす因子は限りなくあります。
そしてストレスの影響を受けやすい腸がその弊害を一身にこうむってしまうのです。
しかも、いったん症状を引き起こしてしまうと常に肛門の具合を気にしなければならず、余計ストレスの原因となり更に 過敏性腸症候群(IBS)の症状が悪化してしまうという悪循環が生まれるのです。


過敏性腸症候群(IBS)への対策

過敏性なお腹・・やっかいな下痢・便秘のない生活

食事・生活改善+整腸

KE先生のプロバイオティクス・KE−99とは

これらの症候群を解消するには、ストレスの根源を断ち切ることが一番の近道ですが、最もやっかいな道であることは皆さんご存知のとおりです。
断ち切っても断ち切っても次々と目の前に立ちはばかる強敵、それが現代の病める社会の象徴・ストレスなのです。
特に過敏性腸症候群(IBS)の人の場合は、常にトイレを気にしなければならず、余計にストレスが溜まります。
その結果、お腹に負担がかかり、またトイレに駆け込み、更にストレスが溜まるという悪循環を招いてしまいます。
つまり、過敏性なお腹の症候群というわけです。

ストレスかたくる下痢、慢性の下痢、過敏性腸症候群の悪いサイクル例

しかし、同じストレスの内容にもかかわらず、これらの症候群もなく、普段と変わりなく生活できる人もいるのです。鋼の精神と鉄壁の腸を持つ人々です。鋼の精神は無理にしても、元気なお腹へのアプローチは可能です。トイレの回数を気にすることもなくなればストレスは減り、更に症状を改善できるという最高の循環を手に入れることができます。過敏性なお腹の症候群とはお別れします。

ストレスかたくる下痢、慢性の下痢、過敏性腸症候群対策のよいサイクル例
悪玉菌と善玉菌

正常な排便をできる人はこれらの症候群とは無縁の正常な腸を持っています。
正常とは善玉菌が悪玉菌を抑制している整ったお腹の環境のことを示します。
大便の半分以上が腸内細菌であることからもわかるように、排便と腸内細菌とは密接なかかわりがあるのです。
人間の腸内には100種、100兆個もの細菌が住み着き、悪玉菌と善玉菌の縄張り抗争が常に行われています。
下痢を引き起こす悪玉菌もいれば、下痢によって生まれる悪玉菌もいます。善玉菌の数が多いうちは悪玉菌への戦闘能力も高く、悪玉菌を排除することができますが、人間界で悪者がしばしば勝ってしまうように、お腹の中でも悪者がかなりの割合で勝ってしまうのです。
しかも悪玉菌には「ストレス」という強い味方もいます。

ストレスは悪玉菌にとってのいわば栄養剤の役割を果たし、悪玉菌の増殖に多大な貢献をします。
荒廃したお腹の中では悪玉菌がのさばり、自らが好むアルカリ性の環境を作り出しながら増殖していきます。
そして、アルカリ性の環境を嫌う善玉菌が自然増殖できる可能性はほぼゼロに等しいのです。
それではどうすれば善玉菌の数を増やし、過敏性ではない正常なお腹を手に入れることができるのでしょうか。
それには、善玉菌にとってのいわば栄養剤の役割をするプロバイオティクスを送り込む必要があります。善玉菌の増殖を助け、かつ自身でも頑固に腸壁にへばりついて力を発揮し、ストレスに対抗できる強力なプロバイオティクスでなくてはなりません。

KE-99のご注文はこちらから