おなら(オナラ)が臭い「おなら」がよく出るや、「おなら」の他にも腸の悩みは様々。まずは腸内環境を整えましょう。
腸内に長く定着する乳酸菌プロバイオティクスKE-99。
おなら対策にプロバイオティクスKE-99、PROBIO BRAUTY

ログイン パスワード   メンバー専用ページとは?


おなら(オナラ)の部屋

おなら(オナラ)について考える

おなら(オナラ)・・とは?? 


おならの成分

「おなら」とは?・・おならの成分は400種類以上あり、食事内容や腸内環境によって日々変わります。
おなら全体の70%が主に食事等を通して口から飲み込んだ空気で、おならの基は無臭です。
おならの成分としては、窒素、炭酸ガス、酸素、水素等が挙げられます。
残りの30%が腸内で食物が発酵・腐敗してガスになったもので、悪臭の素となります。
成分としてアンモニア、インドール、硫化水素等が挙げられます。


気になる「おなら」・・

臭いおならが出るわけ


腸内の悪玉菌

肉などの動物性たんぱく質を多量に摂取すると臭いおならが出ます。
これは動物性たんぱく質のせいで腸内の悪玉菌が増殖し、悪臭成分であるガスを発生させるからです。
繊維質や炭水化物を摂取するとおならの量は増えますが、臭くはありません。
肉食動物のおならが臭くて草食動物のおならが臭くないのは以上の理由からです。
また、便秘の時も臭いおならが出ますが、これも腸内で繁殖した悪玉菌が食物を腐敗させ有毒物質、有毒ガスを発生させるせいです。

つまり、腸内に悪玉菌が多くいるときに臭いおならが出ているのです。
加齢と共に便やおならが臭くなるのは、悪玉菌の自然増殖が原因の一つです。
しかし善玉菌の数を増やすのは容易なことではなく、腸内環境は常に崩れやすい状態にあります。
なぜなら、腸は食べ物、環境の変化、ストレス等を敏感に察知する非常に繊細な器官だからです。
おならが臭いときは腸内環境が乱れているときで、腸内環境が崩れると体の免疫が低下し、あらゆる病気の原因となります。



臭い「おなら(オナラ)」は腸内環境の乱れ

善玉菌の数を増やす

前述した通り、善玉菌の数を増やすことは簡単なことではありません。なぜなら、腸は環境の変化を敏感に察知し、その影響を「ストレス」として受けてしまうからです。旅行先で便秘になったり、試験前に下痢をしたりするのは、ストレスの影響を受けた腸内のバランスが崩れてしまうためです。
ストレスは悪玉菌の大好物で、ストレスを感知した悪玉菌は増殖し始め、腸内環境を乱すのです。

市販のヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は生存能力が非常に低く、生きて腸まで到達することは困難です。
また、到達できたとしても、腸内で優位を占める悪玉菌にいとも簡単に負けてしまいます。
ストレスを味方につけた悪玉菌は腸内では無敵と言えます。



腸の環境を整える

プロバイオティクス


悪玉菌を追い出す

もちろん、食べ物に気をつけることも忘れてはいけません。
ニンニク・玉ねぎ等の硫黄分の多いものを一度に大量に食べるのは避け、野菜と繊維質をまめにとり、適度な運動をしていれば、特別なことは何もする必要はないのです。

それに対抗できるものとして最近注目されているのが、プロバイオティクスです。
プロバイオティクスとは生きて腸まで到達し、かつ、体に良い働きをすることが科学的に証明された善玉菌のことです。
腸内に到達したプロバイオティクスは腸内を悪玉菌の嫌う酸性に保ち、腸壁に頑固にへばりつき、善玉菌の数を増やします。


腸内環境を整え、健康的な「おなら(オナラ)」を!

キレイな腸で、健康的な「おなら」を!

食べ物に気をつけることも忘れてはいけません。
ニンニク・玉ねぎ等の硫黄分の多いものを一度に大量に食べるのは避け、野菜と繊維質をまめにとり、適度な運動をしましょう!


KE-99のご注文はこちらから