ストレスからの下痢、慢性の下痢、臭いおなら等、
腸の悩みは様々。まずは腸内環境を整えましょう。
腸内に長く定着する乳酸菌プロバイオティクスKE-99。
=プロバイオヘルス・ジャパン=
過敏性腸症候群・過敏性大腸症候群、ストレスからの下痢、慢性の下痢、等でお困りならまずは腸内環境を整えましょう、腸まで届く乳酸菌プロバイオティクスKE-99

ログイン パスワード   メンバー専用ページとは?


プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは

健康に有益な働きをする微生物

プロバイオティクス 【probiotics】とは

1989年にイギリスの微生物学者フラー博士によって定義され、広く認知されるようになった考え方です。「生きて腸まで届き、健康に有益な働きをする微生物」のことをいいます。 プロバイオティクスはこの腸内の健康を保つと言われています。
■プロバイオティクスに使用される菌種

・乳酸菌 ラクトバチルス属(Lactobacillus acidophilus, L. gasseri, L. rhamnosus他) 
・エンテロコッカス属(Enterococcus faecalis, E. faecium)
・ビフィズス菌 ビフィドバクテリウム属(Bifidobacterium longum, B. infantis, B. breve他)
・糖化菌、納豆菌 バチルス属(Bacillus subtilis, B. mesentericus, B. natto他)
・酪酸菌 クロストリジウム属(Clostridium butyricum)
・酵母類 酵母類(Saccharomyces cerevisiae他)

健康と腸内環境

KE先生のプロバイオティクス・KE−99とは

ほとんどの栄養は小腸で吸収されます。エネルギーの源である人間の腸内には100種、100兆個もの細菌が住み着いています。
健康に害をもたらす悪い細菌(有害菌、悪玉菌)もいれば、健康を促進する良い細菌(有用菌、善玉菌)もいます。
私たちの大事な腸の中では悪玉菌と善玉菌の熾烈な縄張り抗争が常に行われています。
善玉菌の数が多い時、彼らは団結して悪玉菌を体内から排除することができ、体の健康を維持することができます。
しかし、その数が減少してしまうと戦闘能力も低下し、悪玉菌の抑制が難しくなってしまいます。そして、善玉菌の数を増やすことは決して簡単なことではないのです。


悪玉菌とストレス

KE先生のプロバイオティクス・KE−99とは

悪玉菌の数が増えると、今度は彼らが団結して善玉菌を追い出してしまい、その結果、悪玉菌の数はさらに増加してしまうことになるのです。
悪玉菌が増えると有害物質・有害ガスをつくり、それが体内に吸収され、血液を汚し、肝臓機能の低下、便秘、下痢、肌荒れ、肩こり等の原因となります。
それが長期にわたると、免疫力低下により病原菌へ感染する可能性が増え、発ガン物質の生産を促します。
しかも、悪玉菌には強い見方「ストレス」がいます。腸は体の中で最も繊細な器官であり、ストレスの影響を一身に受けてしまいます。
身近な例を挙げてみると、大事な試験の前日に下痢になったり、旅行先で便秘になったりと、誰しも一度は経験のある出来事でしょう。腸は環境の変化を微妙に感じ取ってしまうのです。
ストレスの影響を受けた腸内のバランスはくずれ、悪玉菌が好むアルカリ性の環境を作り出して しまいます。
「ストレス」は悪玉菌にとってのいわば「成長促進剤」であり、ストレスに満ちた現代社会では腸内環境は常に乱れやすい状況にあると言えます。
このようにバランスの崩れやすい腸内で善玉菌の数を増やすことは決してたやすいことではありません。


KE-99のご注文はこちらから
さらに詳しい内容は
メンバー専用ページでどうぞ。
登録はもちろん無料!