参照: 顕微鏡で見たラクトバチルス属カゼイ種KE-99株

乳酸菌KE-99の力

腸内の善玉菌の代表である乳酸菌は本来人間の栄養の素である乳糖を分解して乳酸を作ることから 「乳酸」菌と呼ばれています。病気を未然に防ぐ予防医療が注目されるいま、KE-99は自然界から分離発見され、人の健康をテーマに育まれた乳酸菌です。 腸内フローラのバランスは、体調・食生活・年齢・ストレス・薬(抗生物質など)の服用といった、様々な要因によって日々変化します。 KE-99の様な善玉菌(乳酸菌)を継続的に取り入れ、腸内環境のバランスを整えることが大切です。

腸は、脳の次に多い神経細胞を持った「第2の脳」と言われており脳からの指令なしに独立した多種多様の働きをする臓器です。 食物の成分に合わせて種々の腸管センサーが反応し消化管ホルモンを出して、栄養分の消化吸収を行います。 また腸の粘膜や腸内細菌は食物の中の外敵(細菌など)の侵入を防ぐバリアーと外敵の排除などの働きをします。 腸内フローラ・腸内環境の変化はおなかだけでなく体全体の状態にも大きく関わってくる場合があります。

各細胞組織層への付着力性

善玉菌や悪玉菌は、 人の腸内に約500種類、100兆個の腸内細菌がすみついています。 乳酸菌も人間と一緒で、同じ日本人だから皆同じというわけではありません。個々の外見、性格、特徴が違うように、乳酸菌でも、たとえ同じ種であってもそれぞれの株によってその特徴が違います。 腸内の悪玉菌が優勢だと、免疫力を高める働きが弱くなるため、全身の免疫力が低下しやすくなってしまいます。 免疫力の低下は、風邪や 口内炎、また成人病といった様々な病気に対する抵抗力を下げてしまうことがあります。 腸内細菌が腸内フローラと呼ばれる腸内細菌叢(叢:草むら・・)を形成します。 腸管からの栄養吸収、腸の免疫、病原体の感染予防、さらに、免疫のバランスが乱れると花粉症などのアレルギーを引き起こすともいわれています。

参照: 内視鏡で見た乳酸菌KE-99の腸内での付着

私達の体は、生まれてからたくさんの菌を体の中に取り入れて、消化吸収やビタミン合成などをし、細菌達の力を借りて生きています。 乳酸菌は、沢山の種類の菌がありますが、善玉菌でも腸に届く前の胃で胃酸によって解かされてしまいます。 また、辿り着いても腸に付着する事が難しく、腸内で他の菌に負けてしまいます。 しかしKE-99は、しっかりと腸に付着し、腸内フローラを正常にする為に活躍します。 KE-99菌株の腸の各細胞組織層への付着力の強さが、他菌株と比較して全ての組織層において高い数値を示しています。 KE-99の腸内での作用は、医学会でも注目され、米国の微生物研究所で実験されたデータがCurrent Microbiology誌に発表されました。

出典:Current Microbiology, Vol. 44(2002) pp. 196-205

乳酸菌 KE−99の安全性

乳酸菌KE-99は米国アイオア州の「適正製造基準(GMP)」を満たしている最新鋭の設備の中で培養され、製造設備は米国の食品製造基準を満たしています。設備の中には微生物実験室があり厳正に品質管理を行っています。当社の製品は世界で最も厳しい米国の基準をクリアしています。菌の発見以来20年以上一貫管理された自社工場(米国)で製造されています。 また、食品科学、健康科学などの幅広い分野で、高い専門性をもつ研究員が在籍し、多くのお客様にお役立ていただける商品を生み出すために、科学的根拠に基づいた数多くの研究・開発を大学や医療機関の先生方と取り組んでいます。

*「適正製造基準(GMP)」Good Manufacturing Practiceの略で,医薬品の製造と品質管理に関する国際基準を図る制度のことです。米国では、「アメリカ食品医薬品局(FDA)」が管理管轄しています。

*「アメリカ食品医薬品局(FDA)」とは、医薬品および動物用医薬品、生物学的製剤、医療機器、食糧供給、化粧品、などを安全に有効性を保証し、効果的に、そしてより安価にするための技術革新確保を図る為の政府の機関です。

参照: 米国アイオア州の自社工場 乳酸菌製造機械

プロバイオヘルスジャパン株式会社
弊社は、米国でも最大級の規模を誇る自社工場を持ち、
GMPをはじめとする国際基準の食品安全認証を取得しています。
食の「安全」と「高品質」を追求し、これまで培ってきたノウハウにより確かなクオリティを実現しました。